通算:2702949 / 昨日:65 / 今日:71 / 明日:89

支部長の独り言@twitter / 過去ログ
最新10件のコメント履歴
  1. EDF:IA日誌「キャンペーン2-1 工業地区」に果糖さんのコメント(2012.4.21 17:30)
  2. EDF:IA日誌「キャンペーン2-1 工業地区」にライコドン二等兵さんのコメント(2012.4.21 17:07)
  3. EDF:IA日誌「キャンペーン1-5 アシナガ」にツスケオさんのコメント(2012.4.15 00:46)
  4. EDF:IA日誌「キャンペーン1-5 アシナガ」にツスケオさんのコメント(2012.4.9 19:36)
  5. EDF:IA日誌「キャンペーン1-5 アシナガ」にマヌケ隊員さんのコメント(2012.1.5 14:52)
  6. EDF:IA日誌「キャンペーン1-5 アシナガ」にライコドン二等兵さんのコメント(2011.12.30 20:20)
  7. EDF:IA日誌「キャンペーン1-4 この場を放棄」にツスケオさんのコメント(2011.12.25 17:34)
  8. EDF:IA日誌「キャンペーン1-4 この場を放棄」にマヌケ隊員さんのコメント(2011.12.10 17:17)
  9. EDF:IA日誌「キャンペーン1-4 この場を放棄」にライコドン二等兵さんのコメント(2011.12.5 22:42)
  10. EDF:IA日誌「キャンペーン1-4 この場を放棄」にマヌケ隊員さんのコメント(2011.11.29 18:48)
  11. 斬撃日誌「スキップ可能武器マップ」にyouさんのコメント(2011.11.25 11:33)
  12. EDF:IA日誌「キャンペーン1-4 この場を放棄」にマヌケ隊員さんのコメント(2011.11.15 21:02)
最新10件の掲示板履歴
  1. / <strong>たぐ</strong>>引用
  2. / <strong>たぐ</strong>>引用
  3. hr@creasus / あら、9で動きませんか。8で動くんだから9でも動くだろうと決め打ちしてたんですが、やはりゲイツは甘く..
  4. 明人 / 把握です。そしてIE9なんぞをダウンロードしたからタグが使えん…っくっそおおおおおおおおお
  5. hr@creasus / おおう、ご意見ありがとうございます。>last updateが斬レギ、IAともに間違っている。各項目..
  6. 明人 / 不具合じゃないけど気になった点だけ。メッセで送れよと思いますが、他にやっちゃう人がいるかもしれないの..
  7. hr@admin / 作ってみた。不具合とか見つけちゃったら教えてね。
8.1
  • IA日誌「キャンペーン2-2」
  • EDF:IAの紹介。(今さら)
  • リプレイ集にテキスト検索機能を追加。あとプレイヤーをJW Playerに変更しました。(再生中のシークが可能になりました)
  • ほぼ全ページの右上にサイト内検索バーを設置。(Googleカスタム検索を使用)
  • ※サイト内検索バーはCSSが効かない・対応が弱いブラウザだと一番下になります。
  • 掲示板の内部構造を一新。書込がないのをいいことに独自タグも一新。トリップやレスアンカー・AJAX版送信プレビューなどの新機能も追加。
  • 細かい表示不良を修正。(特にFirefox)
  • 管理人のメインブラウザがFirefoxになった関係で今後はIE系の確認が不充分になります。Chrome?Opera?なにそれ。
  • 自作モジュールのメジャーバージョンアップに伴ってサイト内のすべてのCGIがかなり改修されました。バグに備えてください。
2012.4.20
  • リプレイ集を新設。消滅したzoomeの代替となるもので、とりあえずEDF1~3まで移植完了。レギンレイヴはそのうち。
  • Twitterのまとめを新設。基本的に自分用。
2011.9.1
  • zoomeのサービス終了に伴い、EDF1~3のほぼ全部、レギンレイヴの一部(オフインフェルノの途中まで)が再生不能になりました。場所を移して再公開するかこのまま消滅するかは未定です。
2011.7.7
  • 支部がサイトとして独立しました。リダイレクタを置いてあるのでブックマークやリンクの変更は不要です。旧URLでアクセスしても新URLに置換して飛ばします。
  • 地球防衛軍IA用の日誌が登場しました。
  • 画像をJavaScriptによるオーバーレイ方式に変更。別窓で開かなくなったのでこれまでの癖でうっかり閉じないようご注意ください。
  • 日誌のコメントに対して誰でもレスできるようになりました。パスワードを設定すれば編集もできます。
  • EDF1とEDF2の武器一覧正式版が登場。でも武器解説がところどころ歯抜け。
  • EDF1とEDF2のミッション攻略をリニューアル。中身は未完成のままです。
  • EDF2の敵データが登場。これに伴ってEDF1の敵データもリニューアル。でも2は未完成も甚だしいです。
  • 雑文と徒歩攻略キャンペーンが合併してEDF1日誌に。中身は変わりません。
  • 防衛報告書(掲示板)を自前のにリニューアル。旧掲示板は配布CGIの改造品でログフォーマットが非常にややこしく、件数も多いのでログ移植は諦めました。旧掲示板は閲覧専用として残してあります。(新掲示板にあるリンクから入れます)
  • コメント記録をリニューアル。見た目は変わらないけどデータベース化の恩恵でメンテナンスが簡単に。
  • その他、使用しているCGIのほぼすべてが一新されました。バグチェックがまだ完全でないのでエラー画面を拝めるかもしれません。

→過去の更新情報


目次

地球防衛軍IA

EDF:IA日誌
(update:2012.4.20)
地球防衛軍IAのプレイ日誌。現在のメイン更新ターゲット。

斬撃のREGINLEIV

IAが落ちつくまでは更新しないと思われます。

REGINLEIV日誌
(update:2011.6.1)
斬撃のREGINLEIVにはまってしまったので仕方なく(?)作ったオフインフェルノリプレイ中心の日誌。
絶望のアーマー計算機
現在のアーマーからマナをいくら使うといくつ増やせるか、現在のアーマーから目標アーマーまでマナがいくら必要か、を出してくれる微妙に便利な計算機。

地球防衛軍3

レギンレイヴが落ちつくまでは更新しないと思われます。

EDF3日誌
(update:2008.3.29)
地球防衛軍3の防衛日誌。現在インフェルノ侵攻中だけど絶賛更新停滞中。

地球防衛軍2

3が落ちつくまでは更新しないと思われます。

EDF2日誌
(update:2006.12.6)
地球防衛軍2の防衛日誌。現在3に専念してるので停止中。
ミッションデータ
ミッションのデータと攻略。未完成な部分も多いけど難しいとこは大体なにか書いてあります。
武器データ陸戦兵ペイル
無駄に高機能な武器性能表。一覧表が高機能になっても武器自体の性能はそのままです。当たり前だ。
敵データ
まだ未完成なので数値データのみの掲載です。
地球防衛物語
(update:2005.9.6)
陸戦兵視点から見た、小説仕立ての二次創作系ストーリー捏造なりきり物語。
コメディありシリアスありパロディありイカサマありと、かなりまとまりないです。
続ける気はあるけど現在停止中。
EDF防衛記録
えむさんによるフェイ隊員の防衛物語をそのまま転載しています。全74話で完結。
合い言葉は「ケーキ屋が地球を救う」です。

地球防衛軍1

2が落ちつくまでは更新しないと思われます。

EDF1日誌
旧サイトで「雑文」という名だったページ。徒歩攻略キャンペーンも吸収しました。
徒歩攻略キャンペーンは乗り物ダメ・稼ぎダメ・終わるまで2のプレイもダメという縛りでやった攻略日記です。
ミッションデータ
各ミッションのデータとインフェルノ攻略作戦についての憶え書き。
武器データ
ゲットできる武器の性能一覧表。
敵データ
敵の攻撃力・耐久力・行動パターンなど。
基礎知識集
ビル潜りや人間砲台といったメジャーなものから、知ってると便利なこともある小技など。

共通

リプレイ集
支部で公開しているリプレイ動画のデータベース。
防衛報告書
いわゆる掲示板。お好きにお使いください。
このページの上部に「掲示板」のショートカットがあります。
Twitterログ
管理人のツイートを収集している過去ログ。
近況報告書
管理人の雑記帳。ほとんどの記事が仕事中に携帯で書かれたものです。仕事しなさい。
現在はTwitterに移行したため、今後更新されることはありません。
コメント記録
日誌に投稿されたコメントのまとめです。自分のコメント履歴を見たい時などにご利用ください。
HDキャプボ撮り比べ
最近になって選択肢が増えてきたハイデフキャプチャーボードから、HDRECS・PV4・HARROCの3種を撮り比べ。Xbox360やPS3でリプレイを録画したい人は参考までにどうぞ。
メールフォーム
管理人へメールを送ります。バグ報告や誤字報告、苦情、私信などにお使いください。

地球防衛軍とは

世の中にはいろんな地球防衛軍があるけど、このサイトでは

の5つを指します。なんか混じったけど気にすんな。
いずれもSANDLOTという会社が作って、D3PUBLISHERや任天堂といった会社が発売する形態をとっています。

ゲーム内容としては「とにかくひたすら攻撃して敵を全滅させたらクリア」という単純極まりないものですが、それだけにわかりやすくて気構えなく入ることができ、すぐに爽快な気分をお楽しみいただけます。
難易度はどれもイージー・ノーマル・ハード・ハーデスト・インフェルノの5段階が存在し、ハードまではゲームが得意でない人でもクリアできる易しい難易度に調整されています。(地球防衛軍2のみインポッシブルという隠し難易度が存在)
しかしハーデストになると一変、敵がいきなり本気を出してきます。最高難易度のインフェルノではゲーマーでも吐き気がするほどのマゾプレイを楽しめます。
武器の選択や敵を倒していく順番、移動するルートなどを工夫することで突破口を探し、苦労して難関を突破する楽しさは、近年薄くなってきた「ゲームの楽しさ」を思い出させてくれることでしょう。

向いてる人
SANDLOT信者
破壊魔
マゾ
マーダーライセンス所持者
昆虫に無限の憎悪を燃やせる人
長く遊べるゲームが欲しい人
向いてない人
グラフィックにこだわる人
処理落ちが許せない人
アクションゲームが苦手な人(左手と右手が別々に動かない人)
虫を見ると気絶する人
根気がない人(ハーデスト以降)
オンラインにしか興味がない人

地球防衛軍1

[ 地球防衛軍1のパッケージ ] Simpleシリーズの金字塔。「2000円」という値段をクリアするために削れるところを全部削っておきながら、削っちゃいけないところは残しておく信じがたい神バランスで、「バリバリ撃って敵を倒すだけ」の内容に無限の遊び方を与えた。
敵は蟻・円盤・巨大円盤・歩行戦車・巨大怪獣など、色違いを含めて11種類。マップは市街地2種・廃墟・山岳地帯・海岸の5種類。武器はアサルトライフルやロケットランチャーなど7カテゴリ111種類。25ミッション×5難易度を戦う。
今からやろう!という人は、1から始めることを強くおすすめ。2を先にやっちゃうとボリューム負けする分、物足りなさを感じるかも。

データ
発売日2003年6月26日
ハードPS2
価格2100円
ミッション数25
難易度5段階
敵の種類10
武器の種類7カテゴリ111種類
マップの種類5(市街地×2種・廃墟・山岳地帯・海岸)

地球防衛軍2

[ 地球防衛軍2のパッケージ ] 2年の沈黙を破って発売された続編。前作のデータをほとんどそのまま流用することで、新しい敵やマップに予算をつぎこんだようだ。
一方、システム面に関しては変更がなく、1からのユーザーは説明書不要で遊べる。
そして新しく加わった空飛ぶ女性隊員「ペイルウィング」は、まったく異なる戦術を要求され、まるで別のゲームになる。1粒で2回おいしいとはこのこと。

ミッション数は71と3倍近くにまで増え、しかも隠し難易度として「インポッシブル」が追加されたことで、計6難易度になった。つまり71ミッション×6難易度×2兵種(陸戦兵・ペイルウィング)で、すべてコンプリートするまで852ミッションという、まさにやりすぎた感が否めない超ボリューム。

やりすぎた感があるのはボリュームだけではなく、新登場の敵がどれもやりすぎ。前作のように楽しめるのはハードまでで、ライトプレイヤーはハーデストあたりでどう考えてもおかしいだろうと怒って投げ出すほど。
今作のSANDLOTは鬼。マジ鬼。

「最近のゲームはどれもヌルすぎて話にならねえ。ファミリー指向のゲームばっか作ってねえでよ、たまにはヘビーゲーマーを唸らせるような手応えのあるゲームを作ってくれよ。もう女子供素人向けは勘弁だぜ」
そんな猛者に血反吐を吐かせる珠玉の1本である。

データ
発売日2005年7月28日
ハードPS2
価格2100円
ミッション数71
難易度6段階(インポッシブルは隠し難易度)
敵の種類27
武器の種類300種(陸戦兵7カテゴリ143種+ペイル8カテゴリ157種)
マップの種類9(市街地×2種・住宅地・ロンドン・廃墟・山岳地帯・海岸・地底×2種)

地球防衛軍3

[ 地球防衛軍3のパッケージ ] 舞台をXbox360に移して登場した新・地球防衛軍。前作とはまったく違う設定となり、ストーリーに関連はない。
次世代ハード+フルプライスによってグラフィックが大幅に強化され、今まで拭えなかった「2000円なりのポリゴンだなぁ」という感を払拭し、処理落ちもかなり軽減されている。それでも大手メーカーの有名ゲームに比べれば一歩譲るが、地球防衛軍においてグラフィックはあまり重要視されない。

システム的には前作までの流れを忠実に引き継ぎ、良いところも悪いところも同じ。ポジションとしては「1のリメイク」であり、2に比べるとすべての面でボリュームダウンしている。(ペイルも登場しない)

今作の新要素として、AIで動く仲間が登場し、ともに戦闘に参加する。また、設置して好きな時に起爆できる「C爆弾」や敵を自動追尾する設置機銃「セントリーガン」といった新種の武器も登場し、今までにない柔軟な作戦が可能になった。
敵の攻撃目標が増えたことで自分が処理する量は減り、そのまま難易度の低下に繋がっているが、それでもインフェルノは充分に地獄の様相である。

総合的に見て、地球防衛軍マニアを自称する人でもない限り、これのためにお高いXbox360を購入することはすすめにくいのが正直なところ。
次回作では是非ともオンラインに対応してほしいものだ。

データ
発売日2006年12月14日
ハードXbox360
価格7140円
オンライン非対応
ミッション数53
難易度5段階
敵の種類14
武器の種類7カテゴリ171種
マップの種類8(市街地×2種・住宅地・廃墟・山岳地帯・海岸・地底×2種)

Earth Defense Force : Insect Armageddon

[ EDF:IAのパッケージ ] 略してEDF:IA。どのような経緯があったのか、なぜか制作がSANDLOTでなく海外のメーカーであり、番外編的な位置づけになる。
期待3:不安7の中で発売され、「大体合ってる」と言わざるを得ないちょっぴり微妙な出来。

純正地球防衛軍に比べて敵の攻撃力が下がってる代わりに耐久力が上がり、一撃滅殺の爽快感はなくなっている。
ミッション数は15と少ないが、1ミッションが3ミッションくらいの長さなので感覚的には45くらいのボリューム。その他、敵のパターンが違うキャンペーンリミックスと、敵が無限に湧き続けるとっても残念なサバイバルモードもある。

兵種は標準タイプのトルーパー、セントリーガンや地雷など特殊兵装を扱えるタクティカル、強力な火器とシールドを備えた鈍重なバトル、空を飛びへっぽこな火器で逃げ回るジェットの4種類。特にジェットは2のペイルに相当するが、ペイルのような火力はまったくない。

武器は従来通り敵が落とすドロップ武器と、敵を倒すと得られるクレジット(お金)で購入するものがある。武器にはランクが設定されており、経験値を稼いでレベルを上げないと上位の武器は使えない。バリエーションは誘導アサルトや対空ショットガンなど使って楽しい武器が多くあり、色々と遊べる。ただしスナイパーだけは「スコープを覗かないとまっすぐ飛ばない」といううんこ仕様によりゴミ武器と化した。
恒例のジェノサイド武器は、レベルが最大(Lv8)になると各兵種ごとに異なるものが手に入る。

キャンペーンではNPCのボット(部下)を2人連れて3人で戦う。途中で死んでしまっても味方に蘇生してもらうことで何回でも復活できるところが純正とは大きく違う点。オンラインでは3人まで参加可能で、プレイヤーが2人の時はボットを1人入れられる。感動のエンディングではコントローラをぶっ壊さないように冷静な対応が求められる。
サバイバルはオンラインで6人まで同時に参加可能。しかし兵種がトルーパーしか選べず、武器の種類も選択肢もかなり限られており、なんでこんなことになったしと言わざるを得ない。さらにオフラインではボットを入れられず、1人では蘇生ができないためにかなりの無理ゲーモードになる。そのくせ「サバイバルモードで500WAVE」という鬼畜実績が存在する。出現する敵のパターンにも難があり、本当、なんでこんなことになったしと言わざるを得ない。

「地球防衛軍として見なければそこそこ楽しめる」というのが多くの評価だと思われる。

データ
発売日2011年7月6日
ハードXbox360・PS3・Windows
価格各7140円
オンライン対応(キャンペーン:3人まで・サバイバル:6人まで)
ミッション数15(3ミッション×5ステージ)
難易度3段階(ノーマル・ハード・インフェルノ)
敵の種類17
武器の種類6カテゴリ399種(うちDLC29種)

地球防衛軍4

[ 地球防衛軍4のパッケージ ] まだ謎のヴェールに包まれている期待の続編。詳細は一切不明。

斬撃のREGINLEIV

[ 斬撃のREGINLEIVのパッケージ ] SANDLOTが作り、任天堂から発売されたWiiのゲーム。
Wiiリモコンを使って剣のように振ることで敵を攻撃する新しいタイプのアクションに仕上がっている。

SANDLOTの中の人が本当に作りたかったゲームというだけあって内容の充実具合は地球防衛軍シリーズとは一線を画しており、「バックについてる会社が違うとここまで違うか~」と大人の感想を禁じ得ない。
しかし地球防衛軍組は意外と少ないようで、「SANDLOTの本気」を知らないまま一生を終えるのは個人的にとてももったいないと思う。

当初は一人用ゲームとして開発されていたが、任天堂の意向で急遽オンラインマルチプレイにも対応する。
オンラインでは一人用モードに比べ敵が格段に強化され、味方との協力が必要不可欠。

レギンレイヴは今までなかったタイプの新しいアクションであり、独特の操作に慣れるまで少々時間はかかるものの、修練を積むほどに見違えるほどテクニカルな動きができるようになる。特にキャンセルをマスターすると地球防衛軍にはないスピーディーな動きが可能。

地球防衛軍を楽しめた人でWiiを持ってるなら命令してでも買わせたい名作。

データ
発売日2010年2月11日
ハードWii
価格6800円
オンライン4人まで(無料)
ミッション数オフライン63・オンライン84
難易度5段階
敵の種類40(色違い含む)
武器の種類348種(フレイ5カテゴリ・フレイヤ8カテゴリ)
マップの種類たくさん(15くらい?)

攻略指令支部とは

このサイトの名前。地球防衛軍 攻略指令本部という攻略サイトがありまして、それにちなんだ命名です。
俺が勝手に名乗ってるだけで、実際にはなんの関係もありません。
攻略サイトと呼ぶにはお粗末なのは仕様。

支部長プロフィール
[ Xbox360ゲーマーカード ] 所属EDFペプシ隊
名前hr(ゲーム内では主にcreasus)
入隊日2005年3月28日
開設日2005年6月1日